2019年05月

柔道整復師、林です。
走ってたり、ジャンプなどをしていて膝の外側が痛くなった経験ありませんか?
その症状もしかして腸脛靭帯炎かもしれませんよ?

*腸脛靭帯とは、簡単に言うと腸骨(骨盤を構成する骨のひとつ)から脛骨(すねの骨)の前外側部にある靭帯で、ランニングやジャンプなど膝の屈伸を繰り返すと痛みを感じることがあります。

O脚の人、休息をとらずに運動をしている人、ランニング等走る量を急に増やした人などに多いのも特徴です。
sports_soccer_kega
ちなみに!!
腸脛靭帯炎はスポーツ以外でも、自転車やエアロビクスなどでもなるケースがあり、意外と身近な障害です。

腸脛靭帯炎にならないためには・・・
1・休息はしっかりとる(痛みが出たときはちゃんと休みアイシング)
2・下腿のストレッチ(特に大殿筋、大腿筋膜張筋)、マッサージでアスターケア
3・フォームや姿勢の矯正、シューズ、インソール等でアライメントの矯正

フォームや姿勢の矯正は自分一人で行うことはとても難しいです。
特に・・・
〇膝が外に向きやすい人
〇つま先が内側に向きやすい人
〇歩き、走りの際に身体が左右にぶれてしまう人
などは身体の外側に負担がかかりやすくなるため、腸脛靭帯炎になる可能性が高くなります。
当院では接骨院と併設してトレーニングジムがあり、トレーナーもついて行うことができるので、フォームの修正でもお手伝いできます。
最近膝の外側が痛くなって気になる方、痛みがあり中々取れない方、自分のフォームが気になる人がいればお気軽にご連絡ください。

http://www.winninless.jp/#

柔道整復師、林です。
走ってたり、ジャンプ、ターンをしていて脛が痛くなった経験ありませんか?
その症状もしかしてシンスプリントかもしれませんよ?
シンスプリントとは別名、脛骨過労性骨膜炎と呼ばれ、ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどの運動を行っていると脛の内側の筋肉が疲労し痛みがでるものです。

shinsplint01
ちなみに!!
下記の中で当てはまるものはありますか?
1・O脚
2・回内足(靴の外側がすり減りやすい人)
3・偏平足
4・足首が固い人
5・急に運動の量を増やした
6・疲労が溜まっている

上記のものはシンスプリントになりやすい原因と言われています。
シンスプリントにならないために3つアドバイス!!

1・休息はしっかりとる(痛みが出たときはちゃんと休む)
2・下腿のストレッチ、マッサージでアスターケア
3・フォームや姿勢の矯正、シューズ、インソール等でアライメントの矯正

フォームや姿勢の矯正は自分一人で行うことはとても難しいです。
当院では接骨院と併設してトレーニングジムがあり、トレーナーもついて行うことができるので、怪我以外のところでもお手伝いできます。
最近脛が痛くなって気になる方、脛の痛みがあり中々取れない方、上記に当てはまる人がいればお気軽にご連絡ください。

http://www.winninless.jp/#

柔道整復師、林です。
運動をしていて、いつの間にか脛、足の裏が痛い・・・
最近怪我の治りが遅い・・・
sports_soccer_kega
そんな経験されてる方いませんか?
もしかしたら知らず知らずのうちにスポーツ障害になっているかもしれません。
かくいう私も学生時代、知らない間にスポーツ障害になっていました・・・

今回のテーマはスポーツ障害にならないため!!
そのためには大きく分けて2つ!!

①疲労をしっかりととる
②無理をしない


①前回書きましたが、障害とは繰り返しのダメージによる怪我。
 まずはダメージを受けた部分をしっかりと回復させることが重要。
 回復しないまま運動をしてしまうと怪我に繋がってしまう。
 睡眠をとったりゆっくりしたりすることが大事。
 休息方法については以前書いたのがありますのでこちらからどうぞ。
http://balanceuphayashi.livedoor.blog/archives/17382858.html


②ここが一番大事!!
 スポーツ障害はいつの間にか痛みや運動制限があることがあり、ここで無理をすると
 悪化して慢性化に繋がってしまう。
 初期の段階で治療をするのと、悪化してから治療するのでは治る日数が違います。
 当日体調が悪い、朝起きて痛いところがあり運動したらひどくなってきた。など
 少しでも違和感を感じたら、一度医療機関に見てもらうことをお勧めします。
 
では、スポーツ障害の種類とどんな場所に違和感が出るのか?
それは次回のお楽しみということで。
http://www.winninless.jp/#

柔道整復師、林です。
今回のテーマはスポーツにおける怪我!!
スポーツにおける怪我は大きくわけて2つ!!

①スポーツ外傷(一回の行動による怪我)
②スポーツ障害(何度も繰り返して行ったことによる怪我)

sports_soccer_kega
①骨折や脱臼、捻挫、打撲などがあり、こちらは日常生活と同じような怪我が多い。
②身体を使いすぎたときに起こる怪我。同じ動作を繰り返し繰り返し行うことで起こる怪我なのでスポーツにより症状が出るものが違うことが多い。
例、野球→野球肘、野球肩、腰椎分離症
  ランニング→ランナー膝(腸脛靭帯炎)シンスプリント・足底筋膜炎
  サッカー→腰椎分離症、オスグッド・シュラッター病、シーバー病

スポーツ障害は発見が遅れ、慢性化してしまい治るのが遅くなるケースがとても多い!!
痛みはあるけど少しだから大丈夫、チームに迷惑をかけれないから話せない、など条件は色々ですが、1~2日様子を見て痛みが引かなければ一度医療機関にて見てもらうことをお勧めします。  
痛みが酷くなってからでは治りも遅く、結果スポーツができなくなってしまう期間が長くなります。
早期発見できれば治りも早く、復帰も早まります。
では、スポーツ障害にならないためにはどうしたらいいのか?
それは、次回のお楽しみということで。


http://www.winninless.jp/#

柔道整復師、林です。
今回のテーマは運動スキルの身につけ方!!
運動スキルの訓練として抑えておくポイントは2つ!!

①基礎(正しいフォーム、正確性)
②応用(スピード、適応性)

IMG_0766


①正しいフォームで運動が出来れば、無駄なエネルギーを使わずに効率的に身体を動かすことができ、怪我のリスクも減少。
また正確性は考えたことが思った通りにできるようにイメージがプレーに反映できるように何度も何度も繰り返し行うことが大事。
②正しく出来たことを如何に速く行うことができるか。注意点としては正確性とスピードは相反するので正確性を落とさずにスピードを上げることが重要。
最後に環境や状況の変化に対応すること。
疲れている時や雨、風が強い日など環境や状況の変化に対応しながら行う。


例えば、サッカーのシュートでゴールを決めたい!!
という、人がいたとして・・
①止まったボールを正しいフォームで蹴れるようにする。
②自分の狙ったところに蹴れるようにする。
③狙ったところに強く蹴れるようにする。
④角度を変えて打つ、動いているボールを蹴る
といった順序が効率がいいとされています。
また基礎練習、反復練習の目的を意識することでさらに効果的に技能を身につけることができます。

http://www.winninless.jp/#

↑このページのトップヘ