2020年08月

柔道整復師、林です。
本日は【経口補水液】についてです。
経口補水液と聞いたことはありますか?
経口補水液は水分補給に優れた飲み物で飲む点滴とも呼ばれており
脱水症状の時に特に力を発揮します。
経口補水液を簡単にお話をすると電解質(カリウムやナトリウム)が
多く含まれており水分がとても早く吸収するようにできているので
水分補給には効果的です。
これ以上は難しい話になりますので詳しく聞きたい方はご連絡ください(笑)
経口補水液は脱水症状の時に飲むのが最適なのはお分かりいただけたと思います。
では脱水症状が疑われるときはどんな時でしょうか?
ご存じですか?
簡単にですが、こんな症状ができたときは注意してください。
・汗が出すぎている、または全く出ていない
・舌が乾いて唾液も出ていない
・手や足先が冷たくなっている
・頭痛がしたり、ボーっとしてしまうことが増える
上記の症状が出ている場合、脱水症状が疑われますのでその際には経口補水液を
飲んで水分補給をしましょう!!
img_section1_2
ちなみに経口補水液にも注意点があります。
1・普段から飲んでも脱水症状の予防にならない
2・電解質が多いので持病がある方は飲む量に注意が必要
  (高血圧や、腎臓に病気がある方など)
といったところもありますので、ただ経口補水液だけを飲むのでなく
前回も紹介したスポーツドリンクと状況に合わせて摂取することをお勧めします。
次回は新しい内容にしようと思っています。
お楽しみに!!
http://winninbless.jp/

柔道整復師、林です。
本日はハイポトニック飲料、アイソトニック飲料にはどんな商品があるのか?です。
その前に前回の軽いおさらいを・・・
運動中には【ハイポトニック飲料】
運動前には【アイソトニック飲料】
がお勧めです。覚えていましたか?
それでは簡単にですが商品の紹介をします。
【ハイポトニック飲料】
・アクエリアスゼロ
・アミノバリュー
・ラブズスポーツ
・イオンウォーター
・VAAMウォーター
【アイソトニック飲料】
・ポカリスエット
・アクエリアス
・ダカラ
・ゲーターレード
・ビタミンウォーター
が、聞いたことがあると思います。
4580
【運動前】と【運動中】の際にはこちらを参考にして頂ければ幸いです。
ちなみに私の時代は・・・(この書き方をするとよくないんですが(笑))
ポカリスエット、アクエリアスばっか飲んでいた気がします。
どちらが良いか論争になったものです・・・
しかり両方ともアイソトニック飲料なので【運動前】には効果的ですが
【運動中】に効果的なものでなかったので当時に知りたかった知識でした。
そうすればもう少しこむら返りが起きなかったかもしれません(笑)
飲料水なので成分だけでなく味の好みもあると思います。
是非自分のフェイバリット飲料を見つけてみて下さい。
ちなみに【経口補水液】も似ているのですが聞いたことありますか?
それは・・・
また来週記載しますのでお楽しみに!!
http://winninbless.jp/

柔道整復師、林です。
本日は熱中症の時は症状に合わせた水分補給です。
では、どんなものがいいのか?
それは・・・
【ハイポトニック飲料】です。
ちなみもう一つ似たもので【アイソトニック飲料】というのもあります。
両方ご存じですか?
難しい話をすると【体内の浸透圧】という話になりますが
凄く長く難しい話になってしまうのでここでは割愛します。
詳しく聞きたい方はご連絡下さい!
ですので今回は簡単に2つを説明します。
4580
まず【ハイポトニック飲料】です。
1・運動等の発汗時の水分吸収が早い
2・糖質が少なめえカロリー控えめ
その為、運動中の水分補給に向いています。
続いて【アイソトニック飲料】です。
1・安静時には水分の吸収が早い
2・糖質が多めなので、長時間の運動のエネルギーになる
こちらは運動前の水分補給に向いています。
といったところでしょうか。
皆さんは知っていましたか?
ちなみに皆さんが良く飲むスポーツ飲料水はどちらにも分類されるんです・・・
ややこしいですよね(笑)
なのでこれを知っている知っていないだけでも水分補給に差が出ます。
ちなみに私は当時全く分からず飲んでいました。
結果として前回お話しした熱中症になりました・・
あの時知っていたら・・・
皆さんには私みたく熱中症にならないように水分補給について
少しでも知っていただければと思います。
大事なところなのでもう一度書きますと
運動中には【ハイポトニック飲料】
運動前には【アイソトニック飲料】
がお勧めです。
今日はこれだけでも覚えて頂ければ幸いです。
ハイポトニック飲料、アイソトニック飲料にはどんな商品があるのかは
また来週記載しますのでお楽しみに!!
http://winninbless.jp/

↑このページのトップヘ