柔道整復師、林です。
本日はクーラー病にならないためにはどうしたらいいのか?の続きです。
まずは前回の大きくわけたポイントのおさらいです。
①エアコン
②体温調節
③運動
④ストレス
です。
今回は②からお話していきます。
体温調節は特に仕事場や外出時に必要になってきます。
何故かというと、クーラーの温度を自分で決めれないことが多いためです。
なので①の風に当たらない、クーラーの温度調節ができない可能性が高いです。
なので自衛として3か所を守ることをお勧めします。
1・うなじ
2・お腹
3・足元
ここを冷やさないことで体全体が冷えすぎないためお勧めです!!
hie
ただ気を付けて頂きたいのが2のお腹で締め付けるもので守ると血流が悪くなるので
締め付けるものよりはゆったりしたもので保温するほうがいいです。
また食事や飲み物で体温調節することも大切です。
体の芯が温まるものを食べるとクーラー病にもなりにくくなります。
よく知られているものはショウガが有名ですね。
また一般的に夏野菜は体を冷やす効果が高く、冬野菜は体を温める効果が高いです。
なので夏野菜を食べるときは生よりも煮たり焼いたりして熱を加えると身体を温める
効果が高くなりますので、ひと手間加えることをお勧めします。
*ちなみに食欲がなくても食べないのはダメです!!
栄養不足で体が冷えやすくなり、だるさや疲れが助長されます。
少量でもいいので食べるようにしましょう!!
次回は③の運動です。
お楽しみに!!
http://winninbless.jp/